『むちうち』とはどんなケガ?

文責:えのもと接骨院長 榎本 裕志

最終更新日:2020年05月15日

「むちうち」とは?

もっとも多いものが「頚椎捻挫」です。

自動車の追突などで首が急激に前後に揺さぶられ「むち」のようにしなり受傷します。

具体的な症状としては、首の痛み・頭痛・肩こり・めまい・腕、指のしびれ・感覚障害・だるさ・吐き気・集中力低下などがあります。

レントゲンにはうつらない

むちうちは骨折や脱臼とは異なり、外見上の変化に乏しく、レントゲン・MRIには異常がみられないことがほとんどです。

むちうちでは筋肉が損傷して強張ったり、しこりができて痛みを引き起こしていますが、これらは画像検査では現れません。

えのもと接骨院の検査では直接患部を触れたり動かしたりして、丁寧に検査をしていきます。 患者様それぞれに異なる筋肉の状態や、身体全体のバランスを診ることで、痛みやしびれの本当の原因となる部分を発見していきます。

むちうちをしっかりと改善するコツ

経験が豊富な接骨院に通う

むちうちをしっかりと改善するためには,的確な検査や施術ができるところへ通院することが大切です。

知識だけでなく実際の経験が非常に重要になってきます。むちうちの施術に力を入れていて、実績が豊富な治療院を選ぶことをお勧めします。

十分な治療・施術を受けるためのポイント

むちうちの場合,通院の間隔が空いてしまったりすると,保険会社には むちうちが良くなったものと誤解されてしまいます。「痛みはあるけど、忙しくて通えなかった」「出張で通院できなかった」なども 通院の意思がない とみなされてしまいます。

そのため、治療費や施術費の支払いが、早期に打ち切られてしまうことがあります。

むちうちの痛みが残っている間,十分な治療や施術を受けるためには,押さえておくべきポイントがいくつかあります。

当接骨院では,このような点について患者様に、丁寧にご案内させていただきます。

えのもと接骨院のむちうち施術

⑴ むちうち施術に関する豊富な経験

当接骨院へはむちうちでお悩みの方に、多数ご来院いただいております。

昭和57年の開院以来 約40年にわたり,多くの患者様を施術してきた経験と実績があります。

痛みが残らないよう、しっかりと対応させていただく自信がありますので、どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

 

⑵ むちうちの原因をしっかりと見つけて施術

当接骨院では一人ひとりにとって最適と考えられる施術をおこなうため,丁寧な問診と検査によってケガの状態を把握させていただきます。

原因をしっかりと把握してから施術をおこないますので,根本的な改善を目指すことが可能です。

受付時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
★19:00~20:00は事前予約の むちうち患者様のみ受付

【土曜】
午前9:00~12:00

【休診日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒443-0048
愛知県蒲郡市
緑町25-4
・蒲郡駅より徒歩18分
・23号バイパス蒲郡西インターから車で3分

0533-68-8891

受付時間・地図・お問合せ

むちうちとは

自動車事故などによる外部からの衝撃により,首がむちを打ったように過度に伸びたり、縮んだりした結果,首のじん帯,筋肉,椎間板などが損傷したものです。
このように,損傷そのものではなく、ケガの原因を表す言葉であるため、病院の診断書に「むちうち」と記載されることはなく,「頸椎挫傷・頸部損傷・頸部捻挫・頸部挫傷」などと書かれていることがことが一般的です。当接骨院が今まで見てきたものには、頸部挫傷が最も多くありました。
自動車事故後,頭・肩・首・背中などの痛み・めまい・頭痛・頭の重量感・手指のしびれ・知覚異常・だるさ,吐き気・微熱・睡眠障害・情緒不安定・不安感などがあります。当接骨院に来院される患者様で最も多いのは、首・肩の痛み、手指のしびれ・頭痛などの症状です。

PageTop